新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴うEMERGENCY SITUATION SURCHARGE(緊急事態追加金)導入について

Logostics


明日、2020年4月1日より、当ストアの国際宅急便各社の配送料について、新型コロナウイルス感染拡大に伴うEmergency Situation Surcharge(緊急事態追加金)導入をいたします。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、明日2020年4月1日よりEmergency Situation Surcharge(緊急事態追加金)の導入をいたしますのでご案内申し上げます。

このような状況の中、業務の継続性と高品質なサービスを継続するため、一時的に導入させていただきますので、何卒ご理解いただけますと幸いでございます。

【Emergency Situation Surcharge(緊急事態追加金)】

Covid-19の感染拡大の影響は、航空業界に非常に大きなインパクトを与えており、これにより多くの国で非常に多くの旅客便が、減便や欠航を強いられております。

このような不確実な中で増大したオペレーションコストを補い、緊急事態における必要な航空ネットワークの確保ができるようにすべく、2020年4月1日より一時的な追加金の導入をいたします。

✔ 当追加金の課金体系は、以下の通りです。

Emergency Situation Surcharge(緊急事態追加金)

課金方式:運送状あたりの請求重量により決定

重量および追加料金(税別):

2.5 kg以下 追加金なし
2.51 – 30 kg 300円
30.1 – 70 kg 1,800円
70.1- 300 kg 6,000円
300.1 kg以上 24,000円

* 緊急事態追加金は課税対象となります
* 緊急事態追加金への航空機燃料割増金(Fuel Surcharge)の加算はございません

■ 課金導入の時期
当サーチャージは、集荷日が2020年4月1日の貨物より導入させていただきます。追加のお知らせがあるまで継続させていただきます。

ご不明な点等がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

何卒よろしくお願いいたします。

VPYストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA