カプセルラボマスタリング&プレス

¥150,000¥427,000

カプセルラボについて

Capsule Labs L.A. 🇺🇸

航空機用格納庫をリノベーション、独自のカスタマイズを施したSMTレコードプレスマシンとNeumann VMS 66 カッティングレースをスタジオに備え、バンドの生演奏をそのままマスター盤にダイレクトカッティングするライブイベント “ダイレクト-トゥ-ディスク” セッションやアートエキシビジョンまでをもプラント敷地内で展開する、まさにヴァイナルをアートフォームとして発信する場=カプセル実験室として運営されているのが、L.A.唯一のヴァイナルプレスファクトリーとして知られるカプセルラボだ。

カッティングエンジニア:Gil Tamazyan(ギル・タマジン)

サンフランシスコのOM、L.A.のStones Throwなどの米西海岸の人気インディペンデントレコードレーベルや、Mayer Hawthorne(Tuxedo)、DJ Spinna、Quest Love(The Roots)、Moodymann(KDJ)、グラミーアーティストであるサックス奏者 Kirk Whalumなどのトップアーティスト達のカッティングプロジェクトを数多く手掛けるロサンゼルスを代表するマスタリングエンジニアGil Tamazyan(ギル・タマジン)ー 1997年からダウンタウンL.A.でビジネスをスタート、1999年にギルとビジネスパートナーのセバスチャンによりカプセルラボを設立。以降、西海岸ならではのトロピカルでジャジーなディープハウスやダウンテンポ作品をプラントの2Fにあるスタジオ(ヴィンテージ機材が集まるそのスタジオを彼は”練習博物館”と呼んでいる)でトラックメイキング&プロデュース、自身のレーベル Capsule Labs Music、OMなどからリリースを重ねている。彼が立ち上げ当初からイメージしていたスタジオワーク、カッティング・マスタリング、プレスまでをワンルーフで行えるラボの存在は、ジャンルの垣根を超えたインディペンデントアーティスト達とコミュニティの厚い信頼を得ることに成功している。


クラスA ディスクリートアナログマスタリング

カプセルラボでは、サンタモニカのスレッショルドサウンド+ビジョンと協力し、ワールドクラスのアナログマスタリングルームをホストしています。マスタリングエンジニアのギルは、カスタムされたアナログイコライザーとコンプレッサーなどを通したファイナルミックスをヴァイナル、CD、またはデジタルリリースに最適なものにし、ハードウェアデジタル処理と精度の高いモニタリングでサウンドを最高品質に保ちます。私たちのアナログコンプレッサーとイコライザーはあなたの音楽にユニークなキャラクターを追加します。ディスクリートアナログ回路は特に大きなレベルでマスタリングする場合に、ソフトウェアプラグインに類を見ない暖かさ、パンチ、柔らかさをサウンドに提供します。プロのリリースのように音楽を鳴らしたい場合は、アナログマスタリングが唯一の方法です。私たちの高品質なサウンドサンプルは、このサイトで使用されているビデオ音声(MP3圧縮を使用)においても全てを物語っています。

ANALOG PROCESSING

  • EAR 825Q EQ customized for ultra quiet operation
  • Sontec Mes-430B EQ with Steve Firlotte blocks
  • GML 9500 EQ
  • Shadow Hills Mastering Compressors
  • MASELEC MLA-2 Compressors
  • Fairchild 602 Compressor

DIGITAL PROCESSING

  • Weiss Electronics DS1 Dynamic Processor
  • Weiss Electronics EQ1 7 band Gambit Series
  • Waves L2 Rack Limiter

CONVERTERS

  • Prism Converters DA-1
  • Apogee Converters PSX-100
  • Apogee Converters AD-16x
  • Apogee Converters DA-16x

DIGITAL MACHINES

  • Alesis Masterlink
  • Sony CDP-D500
  • Sony PCM-7010
  • Sony DMU-30 Meter

SYSTEMS

  • Sonic Solutions
  • Sadie Systems
  • Pro Tools HD

MONITORING

  • DMS Discreet Monitoring System
  • Bryston and Crown Amps
  • PMC 1B1 Monitoring System
  • Genelec 1031 Monitors

プリマスタリング

ステレオオーディオファイルは、マスターバスに圧縮/リミッター/ノーマライザ/ EQ /マキシマイザーなしでエクスポートまたはバウンスする必要があります。エンジニアからリスニング目的でお客様へ提供されるリファレンスコピーは、これらの様なプロセッサを介してモニターすることができますが、マスタリングスタジオへ渡されるプリマスターファイルはそうすべきではありません。ミックスエンジニアに再度確認してください。また、クリップやオーバーのない小さなヘッドルームでファイルを準備する必要があります。ファイルがリクエストどおりに渡されない場合、最適な結果を得ることが保証できません。あらかじめご了承ください。

オーディオマスターは下記のフォーマットに従ってください:

  • AIFF, WAV, or SDII ファイル
  • 24 or 16 Bit
  • 44.1kHz, 48kHz, 96kHz, or 192kHz
  • Analog Tape: 1/4″ or 1/2″

ヴァイナルマスタリング&ラッカーディスクカッティング

ヴァイナルマスタリングは、最終的なマスターソングをヴァイナルフォーマット固有の特性に合わせて最適化することで構成されます。これには、低域と高域の処理、レベル調整、溝間隔の最適化、必要に応じてローエンドサミングが含まれ、ステレオ効果から発生する可能性のある望ましくないフェージングをヴァイナルの低音域で排除します。次にマスタリングエンジニアのギルがカスタマイズしたNeumann VMS 66 カッティングレースで、7インチおよび12インチのリリース用にそれぞれ10インチまたは14インチのマスターラッカーと、7インチまたは12インチのリファレンスディスクをカットします。グルーヴの間隔とカッティングの深さを最適化することに細心の注意を払い、ランタイムに適した最もラウドでクリーンなカットヴァイナルを提供します。ディスクに収める時間が長くなるほど、グルーブが音楽に振動するためのスペースが少なくなるため、音量が下がり、録音のS/N比または忠実度が悪化します。すべてのクライアントに、昨今のスタンダードで適切なラウドネスを備えたクリーンなサウンドを持つレコードのために、下記に記載されているベストランタイム内に収まることをお勧めします。引用されている最大時間を用いる場合は、追加コストが発生し、再生中にノイズとクラックが多く、またベストタイムに比べ、非常に大人しいサウンドのレコードが生成されます。

CUTTING LATHE

  • Neumann VMS 66 Disc Mastering Lathe with Groove Preview and Midi Controls
  • Fairchild 602 Tube Limiters
  • Shure SE20 Mastering Phono Preamp
  • Custom Built FDS Low end Summing Passive System

収録時間の目安

12″ @ 33 1/3 RPM
ベスト: 16分 片面
最大: 20分 片面

12″ @ 45 RPM
ベスト: 9分 片面
最大: 15分 片面

10″ @ 33 1/3 RPM
ベスト: 9分 片面
最大: 14分 片面

10″ @ 45 RPM
ベスト: 7分 片面
最大: 11分 片面

7″ @ 33 1/3 RPM
ベスト: 5分 片面
最大: 6分 片面

7″ @ 45 RPM
ベスト: 3分 片面
最大: 5分 片面

マスターカッティング、メタルワークと印刷

マスターラッカーの切断には細心の注意を払い、カプセルラボでは米国で利用できる最高の電気メッキを使用して優れたサウンドレコードを作成しています。プレスは、オーディオファン向け192g重量盤も利用できます。Capsule Labsは真のヴァイナルプレッサーですが、ラベルやジャケット印刷とメタルワーク(メッキプロセス)を外部委託しています。ラッカーのマスタリング、カッティングから、品質制御とカスタマイズ可能なプレス、およびパッケージングまではすべてプラントで製造されます。当社はレコードをプレスするための金型として使用するニッケルスタンパーに電気メッキする工程を米国で最高のメッキ施設を持つRecord Technology(RTI)社と行っています。RTIのメッキ部門は、過去20年間に米国でプレスされた主要なアルバムのほとんどを処理し、それらを国内外へタイトに発送しています。洗浄と前処理の数々のステップの後、ラッカーはこれらの電気メッキタンクに数時間、さまざまなレベルのDC電流でスピンされ、金属が想定した厚さに蓄積されるまで行われます。2ステッププレーティング工程では、ラッカーはスタンパー(ネガ)になり、銅のマザー(ポジ)にもう一度メッキされます。マザーを使用して、数千の同一スタンパーを製造できます。これらのスタンパーは、摩耗する前に約1000回のプレスで使用することできます。

プレスマシン

SMT (Southern Machine & Tool Corp.)

SMTは米国製オートマティックレコードプレスマシンです。主に米国内で使用されている大型プレス機ですがカリブ海地域などへも輸出され、レゲエリジェンド Bob Marleyが設立したレコーディングからプレスまで一貫して行えるレーベル Tuff Gong International、ジャマイカの至宝 Clement ‘Sir Coxsone’ DoddによるStudio One、モンテゴ・ベイーマイアミ経由でレゲエヒットを飛ばしたJoe Gibbs、2 Live Crewをはじめとした一連のマイアミベース、エレクトロレーベルのクライアントを多く抱えていたことで知られるフロリダのヒストリックレコードプラント Final Vinyl(ファイナル・ヴァイナル)においても使用され、数々の名作レコードにそのサウンドキャラクターを発見することができます。またL.A.郊外で2020年1月まで過去80年間に渡って操業をしていたヒストリックレコードプラント Rainbo Records(レインボー・レコーズ:日本ではSONY GREAT TRACKS USプレス工場として指定されていた)においてもメインプレスマシンとして採用され、米国内のメジャー、インディー問わず、様々なアーティストのレコードをプレスしました。

100%ヴァージンヴァイナル

レコード製造では、端からトリミングされた余分なビニール廃材が作成されます。多くの大型レコードプレス工場がこの廃材を再研磨し、生産ラインで新しいビニールと混ぜ合わせます。それらの作業を適切に行わないとビニール(綿毛)に異物が混入され、品質に影響を与えます。カプセルラボでは100%ヴァージンヴァイナルのみを使用しており、代わりに地元のアーティストと協力しあい、余分なビニール廃材をアート作品へリサイクルしています。


DJプロモパッケージ

VPYストアでは、カプセルラボのクラスA ディスクリートアナログマスタリング・カッティングサービス、ハーフスピードマスタリング、また定評のある重厚なサウンドを生み出すアメリカンプレスマシン SMTによるUSプレス “12 DJプロモパックをご提供します。

クラス A アナログプリマスタリング

価格:一曲(8分以下)15000円

※価格は税込みです。

12曲以上は、総額の15%割引となります。

12″ 黒盤 ホワイトレーベルプロモ

仕様:
・135g オーディオファン向け USプレス黒盤
(VINYLマスタリング料金はプレス代に含まれます。)
・レーベル面- ホワイトラベル 印刷なし
・テストプレス無し
・ホワイトディスコバッグ 穴あり
・ホワイトペーパーインナースリーブ 穴あり
・ホワイトレーベル用 デザインスタンプ x 1個(無料サービス)
※デザインスタンプ制作には、データ作成及びご入稿が必須となります。

納期:約1.5ヶ月〜2ヶ月

価格:
・100枚 一枚あたり @1500円
・250枚 一枚あたり @785円
・500枚 一枚あたり @548円

※価格には消費税、国際宅急便送料、通関手数料等が含まれています。国内送料は別途着払いとなります。当ストア倉庫(神奈川県内)からのピックアップの場合は、国内送料無料となります。

その他オプションについて:
・ハーフスピードマスタリングをご希望の場合はこちらよりオーダーをお願いします。
・レーベルカラー印刷(2C/4C)、ジャケット印刷、ステッカー、歌詞カード等は別途追加料金となります。追加をご希望の場合は、オーダー時のメモ欄へご記入ください。
・US流通、500枚以上のプレスをご希望の場合は、お問い合わせください。

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー: , タグ: , , , , , , ,

説明

vinyl_image

追加情報

クラスA プリマスタリング

なし, 1曲, 2曲, 4曲, 8曲, 10曲, 12曲

DJプロモ 12"プレス

100, 250, 500



カッティング

レコード一枚から制作&ラッカーカッティング